忘れずに伝え続ける日です。

本日は東日本大震災津波五周年岩手県・大船渡市合同追悼式に出席いたしました。長年走ってきた道をいろいろなことを思い出しながら一人で往復運転しました。震災直後、大船渡へ向かうことが遠く感じた道、被災地から戻る時に辛さを感じた道でした。月日が経つことは心の傷を癒すのには必要ですが、経験した悲しいことや厳しことを後世に残していくことの大事さは忘れてはならないことです。社会人としてスタートした大船渡の追悼式であらためて決意いたしました。しばらくぶりに昼食をいただいた店主に、5年が過ぎ厳しくなってきていること、今後に向かう課題などをお聞きいたしました。すべてのみなさまが復興を実感するためには、これからの道のりも険しいものとなることが予想されます。ともに努力する所存であります。みなさまのコメントをお待ちしております。あらためてお亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。合掌 軽石拝

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新の日記

プロフィール

■生年月日
昭和35年8月27日
書いた記事数:424
最後に更新した日:2017/03/27

アーカイブス

リンク

記事内で検索する

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM