復興は着実に寄り添って!

本日は、岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会が開かれました。私は、質疑において災害公営住宅の入居条件について確認をいたしました。応急仮設住宅やみなし仮設住宅などから公営住宅に入居することにより、現行法である公営住宅法では住宅に困窮した状態では無くなるとの取扱でした。しかし、未曽有の大災害においては2世帯で暮らしていた家族が被災により離散していた状況から災害公営住宅にともに入居することを希望していましたが、現行法による平常時の解釈が前例にあり難しい現状がありました。今回の確認では、2世帯の入居を認める方向が出されました。今後、自立が進む中において良い前例となる期待が持てるものとなりました。今後も現場にあわせて寄り添う対応を心掛けて取り組む所存であります。午後からは、二つの議員連盟による電力自由化に対する研修と在宅診療の研修に参加いたしました。今後の活動に大変役に立つ内容でした。みなさまのコメントをお待ちしております。軽石拝

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新の日記

プロフィール

■生年月日
昭和35年8月27日
書いた記事数:424
最後に更新した日:2017/03/27

アーカイブス

リンク

記事内で検索する

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM